SHARE ISSUE ARCHIVES とは?

空き家をシェアして活用するのは、良いこと?それとも、悪いこと?

「家族向けの戸建住宅やマンション住戸を何人かでシェアして住んだら楽しいし、無駄もないし、なんだかエコな気もする。良いことだよね」

ややこしく考えなければ、この気持ちは多くの人が当たり前に共有できるのではないでしょうか。しかし最近、その“当たり前”が実現しづらくなる方向に日本の法制度が進みつつあることは、まだあまり知られていません。

果たして、街に建っている空き家や空いているマンション住戸をシェア活用するのは、良いことなのでしょうか。それとも、悪いことなのでしょうか?

これは一見特殊に見えて、実は日本に無数に存在する空き家、都市部ですら過疎化が進む住宅地やマンション、既に最も多い世帯類型となった単身世帯の暮らしの未来など、身近な社会問題にどう向き合っていくのかという、多くの人に関わるテーマです。

そして、実のところ、100%の正解のないテーマでもあります。一部で問題があるからと新しく生まれた住まい方の全てを否定してしまうのか、それとも良い部分にも着目し、社会全体で上手に使いこなせるように取り組みを始めるのか。単純な白か黒かではなく、「どこまでなら良いのか」という少し大人の判断をして、それをきちんと支える仕組みを考えることが必要です。

このたび立ち上げた「SHARE ISSUE ARCHIVES」というプロジェクトの役割は、脱法ハウス、違法貸しルーム、シェアハウスといった耳慣れない言葉で語られ、多くの人があまり理解できないまま話が進んでいるこのテーマについて、きちんと知るための材料を提供することにあります。

このサイトを訪れた皆さんが、空き家のシェア活用について何が起こっているか理解し、今後どうあるべきか共に考え、積極的な議論に参加してくださることを願ってやみません。

SHARE ISSUE ARCHIVES PROJECT

本サイト掲載コンテンツの転載について

本サイトに掲載されたコンテンツの著作権は、当該コンテンツの著作者に帰属します。
ただし、以下の条件のもと、商用・非商用を問わず自由に複製・頒布・表示することを認めます。

  • 著作者名(各記事明記の著者およびSHARE ISSUE ARCHIVES)を表示すること
  • 改変しないこと

もしくは、各記事に記載のクリエイティブ・コモンズ・ライセンスに基づき利用することを認めます。

コントリビューター

門脇耕三
明治大学理工学部 専任講師・博士(工学)
2000年 東京都立大学工学部 卒業 2001年 東京都立大学大学院工学研究科修士課程 修了 東京都立大学大学院 助手、首都大学東京 助教を経て、2012年より現職
北川大祐
株式会社ひつじインキュベーション・スクエア 代表
2005年 株式会社マサキカンパニー入社 ひつじ不動産事業立上げ 2007年 株式会社ひつじインキュベーション・スクエア設立
久保田裕之
日本大学文理学部准教授・博士(人間科学)
専門は家族社会学・福祉社会学。2010年大阪大学大学院人間科学研究科を修了後、(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構研究調査本部研究員などを経て現職。著書に『他人と暮らす若者たち』(集英社)、『家族を超える社会学』(共著、新曜社)など。2011年の論文「家族福祉論の解体」は日本家族社会学会賞(奨励賞)を受賞。
小林秀樹
千葉大学教授(大学院工学研究科建築・都市科学専攻)
1977年 東京大学工学部建築学科卒業 1985年 設計事務所勤務を経て、同大学院博士課程卒業 1987年 建設省建築研究所 住宅計画研究室長等を歴任 2002年 千葉大学工学部都市環境システム学科 助教授 2003年 同教授 日本不動産学会業績賞(1996)、都市住宅学会論文賞(1998)、同著作賞(2000)、同論説賞(2009)、日本建築学会賞(2007)、住宅総合研究財団・清水康雄賞(2008) 専門は、住環境計画、住宅政策
佐々木龍郎
株式会社佐々木設計事務所代表取締役・神奈川大学・京都造形芸術大学・東海大学・東京芸 術大学・東京電機大学非常勤講師・千代田区景観アドバイザー・東京建築士会理事
1987年 東京都立大学(現首都大学東京)工学部建築学科卒業 1989年 同大学院修士課程修了 1992年 同大学院博士課程単位取得退学 1992年~ デザインスタジオ建築設計室 1994年~ 株式会社佐々木設計事務所/現在同代表取締役
田村誠邦
株式会社アークブレイン代表取締役・明治大学理工学部特任教授・博士(工学)・一級建築士・不動産鑑定士
1977年 東京大学工学部建築学科卒業 同年 三井建設株式会社入社 1986年 株式会社シグマ開発計画研究所入社 1997年 株式会社アークブレイン設立 代表取締役 現在に至る 2011年 明治大学理工学部客員教授 2013年 明治大学理工学部特任教授 マンション建替え・建築再生等、各種建築プロジェクトのコンサルティング、コーディネイト 2008年 「求道会館・求道学舎の保存と再生事業」で日本建築学会賞(業績) 2010年 「ストック時代における居住者参加型集合住宅供給の実現プロセスに関する研究」で日本建築学会賞(論文)
根井真
二重橋法律事務所 パートナー弁護士
1993年 東京学芸大学卒業 同年 ミサワホーム株式会社入社 1995年 宅地建物取引主任者資格取得 2001年 弁護士登録(第二東京弁護士会) 2011年 二重橋法律事務所設立 2012年 第二東京弁護士会住宅紛争審査会運営委員に就任
山本康友
首都大学東京都市環境学部特任教授・博士(工学)・東京建築士会副会長・一級建築士・建築基準適合判定資格者
東京都財務局営繕部コスト管理室長、技術管理担当部長を経て、現在、首都大学東京都市環境学部特任教授、博士(工学)、 東京建築士会副会長、一級建築士、建築基準適合判定資格者。財務省、経産省、国交省等および各地方自治体の各種委員、 アドバイザーを多数歴任、「美し国への景観読本」など著書、論文多数